「就任ご挨拶」

               新潟大学東京イノベーションクラブ名 誉会長
                             新潟大学長 橋 姿

新潟大学学長に就任したことに伴い、東京イノベーションクラブの名誉会長に推挙されましたので、一言、ご挨拶を申し上げます。
私は、群馬県出身で昭和45年医学部入学です。県内各所に分散していた学部が五 十嵐キャンパスに統合し始めた年で、まだ何もないキャンパスでしたが、日本海や佐渡島がみえるキャンパスは気に入っていました。良き友を多数得て、充実した学生生活を送り、卒後も新潟に残りました。耳鼻咽喉科を専門として、平成10年より教授に就 任しました。
本クラブの存在を知ったのは、4年前に医学部長になってからです。当初は全学同窓会の東京支部の一つぐらいに考えていました。平成24年に講演の依頼があり、初めて参加しました。その時、首都圏で実に多くの同窓生が活躍していること、その業種の多彩さなど懇親会を通して知り、大変に驚きました。しかも、新潟大学を応援することを主旨に結成されていて、同窓生以外もメンバーにいると聞きました。
高等教育の質保証、グローバル人材の育成等、社会の期待が非常に高くなりました。一方、18歳人口の加速度的な減少、運営費交付金の経年的削減、外部研究資金の競争的獲得激化等、多数の課題が目白押しです。文科省からは、ミッションンの再定義に基づく、大胆な大学改革を迫られています。これらの課題に対しては、総力を挙げて取り組む所存ですが、学外有識者の力や産官学連携も重要と考えています。
そのような状況の中で、東京イノベーションクラブの存在を非常に頼もしく感じています。早速、この4月からは三輪正明会長と森正勝顧問に、本学の経営協議会の委員に就任していただきました。学外有識者として、経営協議会にいて積極的なご指導を頂きたいと思います。最後に、今後も本クラブの活発な活動を祈念し、併せて新潟大学へのご支援をお願いしてご挨拶とさせていただきます。


      「 新潟大学高橋(新)学長体制発足に当たり」
               
             新潟大学東京イノベーションクラブ会長 三輪正明
                         (新潟大学経営協議会委員)

 平素は当クラブ(NUTIC)の活動に諸々ご理解とご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
ご高承の通り、2月1日付けで高橋学長が就任され、4月1日 から新たな大学運営体制も発足して、着々と活動が開始されています。改めて当クラブも新たな気持ちで支援をさせて頂きたいと考えております。
 日本を取り巻く全ての分野で国際化の波は待った無しの勢いで押し寄せ、又その対応にスピードと決断力が求められていることは周知の通りです。一方では急激な人口減少(老齢化、少子化そして東京一極集中による地方の人材不足)の危機感が声高に叫ばれて来ています。其のために、国際的視野で活躍できる人材の早急な育成は当然として、海外からの人材受け皿の更なる拡充も同時に必要と考えられます。
大学の使命は社会へのより高度な貢献と適合性の高い人材の育成にあると言われるように、本大学も地域性を活かして他校との差別化をより深め、更に魅力あるキャンパス造りに期待したいと思います。
 学校法人化後およそ10年、更なる多くの課題を抱え、ご苦労の連続と推察致しますが是非、果敢に前進して頂けるよう期待しております。当クラブの構成メンバーは個別の機関・企業等で実績を積まれ、経営或るいは、リーダーとしての経験豊かな人材が揃っております。又、当クラブの趣旨に賛同頂いた新潟大学OB以外の方々にも構成メンバー に加わって頂いており、様々な意見や提案をご提供できるものと確信しています。
今後、橋学長体制の下で、一段と革新的な運営が適う為にも、当クラブ(NUTIC)は設立趣旨に今一度立ち戻り、支援体制の強化、拡充に注力して参ります。
以上












































Copyright (C)2008 "Tokyo Innovetion Club" in Niigata univercity all rights reserved