◆◆平成29年度第1回新潟大学東京事務所講演会及び新潟大学東京イノベーションクラブ定時総会・懇親会◆◆

平成29年5月27日(土)に,TKP田町カンファレンスセンターにおいて,「平成29年度新潟大学東京事務所講演会および懇親会」を開催します。

当日,下記プログラムで皆様のお越しをお待ちしております。お誘い合わせの上,是非ご参加くださいますようお願いします。なお,参加のお申込みは,別紙「申込書」(Word:43KB)によりお知らせいただくか,または,
(1)参加内容(講演会,懇親会)
(2)お名前、(3)勤務先(名称,所属)、(4)連絡先(住所,電話番号,FAX番号,メールアドレス)
(5)卒業年次・学部等名(新潟大学ご卒業の方のみ)
をメール本文に記載し,平成29年5月19日(金)までに新潟大学東京事務所担当課(総務部総務課)へお知らせくださいますようお願いします。
(TEL:025-262-6209,FAX:025-262-6539025-262-6539、電子メール: tokyo-club@adm.niigata-u.ac.jp)

申し込み書はこちら
 申し込み書をダウンロードしてFAXもしくはe-mailして下さい。


日 時:平成29年5月27日(土) 14:00-19:00(受付開始13:30)
場 所:TKP田町カンファレンスセンター カンファレンスルーム2A・B1A
  (東京都港区芝5-29-14 田町日工ビルB1F/2F)

講演会 (14:00~16:30 会場:TKP田町カンファレンスセンター カンファレンスルーム2A)

開会の挨拶:高橋 均 新潟大学理事
第1部 講演
●(1)「トキは金なり-佐渡から発信する自然共生科学」
 箕口秀夫 氏  
 新潟大学副学長(学生支援・就職支援担当),自然科学系(農学部・自然科学研究科)教授,
 研究推進機構朱鷺・自然再生学研究センター長

【概 要】面積855㎢ 周囲約280kmの,国内の離島としては沖縄本島に次ぐ大きな島です。そして,知れば知る程,その大きさだけではなく,トキを育んだ生態系と平安から江戸時代に及ぶ重層的な歴史・芸能に恵まれ,自然と人の営みが織りなす豊かな共生の文化が息づく宝島であることに驚かされます。それらの宝は世界的3遺産として整理することができます。世界遺産の登録をめざす佐渡金銀山,大地の遺産ジオパーク,そして世界農業遺産ジアスです。
 講演では,これら佐渡の3つの遺産を概観するとともに,佐渡島にある新潟大学の附属3施設,理学部附属臨海実験所(臨海),農学部附属フールド科学教育研究センター佐渡ステーション(演習林),および研究推進機構朱鷺・自然再生学研究センター(自然再生学センター)の情報を提供します。
 現在,佐渡3施設は,それぞれが屋久島に匹敵する荘厳なスギ天然林を有する森林・山地(演習林),トキの野生復帰で注目される里地・里山(自然再生学センター),佐渡の豊かさを象徴する沿岸・海洋(臨海)を基盤に,独自の教育研究フィールドを有する森,里,および海のステーションとして機能しています。そこで,この3分野を統合,一体的にとらえることで,森・里・海を連鎖させた生命現象の解明,生物多様性の復元,それらを基盤とする文化,産業を含む地域社会の再生にも関われる学際的な科学,自然共生科学を展開,発信について紹介します。

●(2)セルロースナノファイバーの用途開発~数nm幅の繊維で高性能エアフィルタをつくる~
 根本 純司 氏
 北越紀州製紙株式会社 新機能材料開発室,
 研究ユニット ユニットリーダー

【概 要】セルロースナノファイバー(CNF)は,材料として優れた物性を示し,さらに多量に存在するバイオマスであることから,近年注目度が上昇している。その繊維径は数nmと極めて細く,本質的に凝集しやすい材料ではあるが、3次元的なクモの巣形状ネットワークを創り上げ,CNFを用いて高性能エアフィルタができることを世界で初めて証明した。
 本講演ではその開発経緯から,CNF全般について紹介する。

閉会の挨拶  三輪 正明  新潟大学東京イノベーションクラブ会長

NUTIC平成29年度定時総会(16:45-17:15)
 会場:カンファレンスルーム 2A
 
※会員の方々はご出席ください。後日,会員への出欠の案内を送付致します。

◆◆東京イノベーションクラブ懇親会(17:30-19:00)
会場:カンファレンスルーム B1A
大学から髙橋学長他理事の方々および,講演会の講師を囲み,新潟大学の酒を飲みながら懇親を深めて頂きます。
参加費等
本懇親会はクラブ会員限定で会費は3,500円です。
※当日,クラブ会員への入会も可能。
正会員:法人(入会金10,000円,年会費10,000円)
個人(入会金1,000円,年会費1,000円)



============================

◆◆平成29年度第1回新潟大学シーズプレゼンテーション

(新潟大学首都圏懇話会)の開催について

新潟大学地域創生推進機構と新潟大学東京イノベーションクラブは,更なる共同研究の創出を目指して,「新潟大学シーズプレゼンテーション」を首都圏にて開催する運びになりました。
第1回は,ライフサイエンス系,情報工学系,機械工学系の3分野から,新潟大学の有望な技術シーズを紹介いたします。ご興味・ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時 平成29年4月19日(水) 14:30~16:50

会 場 キャンパス・イノベーションセンター(CIC東京) 5階509室

■アクセス
JR山手線・京浜東北線 田町駅下車 徒歩1分、○都営三田線・浅草線 三田駅下車 徒歩8分 詳しくは
こちらをご覧ください。(キャンパス・イノベーションセンター(CIC東京)ホームページ)
※駐車場はございませんので,公共交通機関をご利用ください。

参加費  無料

プログラム

1400~ 開場・受付開始

14301435 開会挨拶 新潟大学 高橋 均 理事

●14351515 シーズプレゼンテーション①【ライフサイエンス系】
「骨に良い食品素材のスクリーニング~機能性表示食品の開発へ向けて~」

柿原 嘉人(新潟大学大学院医歯学総合研究科 助教)
我が国の超高齢化に伴って、骨粗鬆症患者数は、総人口の1割に当たる約1300万人と推定されています。高齢者は、骨や関節が弱くなると、いわゆるロコモティブシンドローム(運動器症候群)に陥り、QOLADLが著しく低下することが懸念されます。我々は、”骨の健康維持”を目的として、『骨に良い機能性食品』の開発をめざしており、本講演では、細胞を用いたスクリーニング法とそれによって得られた候補食品素材の作用機序について紹介致します。

●15201600 シーズプレゼンテーション②【情報工学系】
「機械学習を活用したゲノムビックデータからの知識発見」
阿部 貴志 (新潟大学自然科学系(工学部) 准教授)

ライフサイエンス分野の技術革新により,安価に膨大なゲノムデータの取得が可能となっています。このようなゲノムビックデータに基づく知見として,腸内細菌叢と病気の関係や環境に生息する微生物叢が持つ環境浄化能などが次々と明らかとなってきています。本講演では,我々が取り組んでいるゲノムビックデータからの効率的な知識発見のための機械学習を活用した解析手法や実データでの研究事例の紹介を行います。

●16051645 シーズプレゼンテーション③【機械工学系】
「接触力・光・温度複合MEMSセンサによる触り心地・見た目・温もりを含む質感計測」
寒川 雅之 (新潟大学自然科学系(工学部) 准教授)

自動車や家具等の製品の付加価値向上のために、製品の質感デザインが重要視されるようになってきています。従来、質感は主に人間の感性により評価されてきましたが、再現性やバラつきの面で課題があります。本公演では、我々が開発した単一の素子で接触力・光・温度を複合的に計測可能な小型センサと、人間が物体を触る時の動きを組み合わせた、質感の定量的評価の試みについて紹介します。

16451650 閉会挨拶 新潟大学東京イノベーションクラブ 三輪 正明 会長 

■申込方法

①御社名 ②役職名 ③氏名 ④代表者連絡先(TELE-Mailをご記入の上,4月18日(月)までに,問い合わせ先に電子メールまたはFAXにてお申込みください。(※定員に空きがある場合、当日参加も可能です)

※ お申込みいただきました個人情報は、当事業に関する連絡及び運営管理、また国立大学法人新潟大学及び新潟大学東京イノベーションクラブの事業に関する情報提供・運用管理のみに活用させていただきます。個人情報は、国立大学法人新潟大学個人情報の管理に関する規定に基づき適正に管理、保護し、法令に基づく場合を除き、目的以外に利用又は提供することはありません。

============================
◆◆
新潟大学東京イノベーションクラブ◆◆
平成28年度第2回講演会および懇親会のご案内

日時:平成29年2月18日(土)14:30~18:30
                 (受付開始14時00分)

場所:TKP田町コンファレンスセンター(定員80 名)
            http://tkptamachi.net/
        
※場所はCIC東京ではありません。

第1部 東京事務所講演会 14:30〜16:45

講演1「お米に潜む新たな可能性 ~米タンパク質の健康機能性の発見~ 」


講師:門脇 基二 氏 (新潟大学副学長・農学部応用生物化学科教授)

【概要 数多くの食材から極めて多様な機能性を発見し、いわゆる“機能性食品”を開発してきた。なぜか主食であるお米に対しては最も注目度が低く、カロリー源以上の機能はほとんど知られていない。従来よりカロリー源とのみ考えられているが、コメにはヒトの健康に貢献する豊富な機能性が存在し、今後さらなる米の機能性の解明に道を開くものである。

【講師略歴】 昭和50年東京大学農学部卒業、昭和54年東京大学農学部助手、平成 2年米国ペンシルバニア州立大学医学部研究員、平成 5年新潟大学農学部助教授、平成10年新潟大学農学部教授、平成26年新潟大学副学長
(委員歴/受賞歴) 新潟大学地域連携フードサイエンスセンター立ち上げ(平成14年)。日本アミノ酸学会初代会長(平成19年 − 22年)、 日本災害食学会初代会長(平成26年 – 現在)、平成22年 日本栄養・食糧学会賞、平成25年 飯島藤十郎記念食品科学振興財団 食品科学賞、 平成27年 新潟日報文化賞

●講演2「産業変化と企業の産学連携について」

講師:酒井 邦造 氏 株式会社日立製作所 執行役常務 水ビジネスユニットCEO

【概要 IoT(Internet of things)を契機として、IoTの進展、シミュレーションの応用等々第4次産業革命と言われる時代を迎えている。産業構造そのものを変化しており、そのスピードはますます増している。そのため、システムを提供する産業側も、その開発はオープン思考に変わりつつある。
 広く技術を手にするために、企業側がどのような価値を見出し、展開しているか、企業と個業、学業の関係、そして産学連携について考察していく。

【講師略歴】1975年3月 新潟大学工学部電気工学科卒業、4月 株式会社日立製作所入社、1998年8月 同社電力電機グループ社会システム設計部部長、2009年10月 同社理事 ディフェンスシステム社社長、2013年4月 同社執行役常務 インフラシステム社 プラント部門CEO、2014年4月 インフラシステム社社長、 2016年4月 水ビジネスユニットCEO

*事前申し込み制で、どなたでも聴講可能。

■第2部 新潟大学東京イノベーションクラブ平成28年度 第2回懇親会17:00〜18:30

 大学から高橋学長他理事の方々および、講演会の講師を囲み、新潟大学の酒を飲みながら懇親を深めて頂きます。
*本懇親会はクラブ会員限定で会費は3,500 円です。当日、クラブ会員への入会も可能。

 正会員:法人(入会金10,000 円、年会費10,000 円)、個人(入会金1,000 円、年会 費1,000 円)


申し込み書はこちら

申し込み書をダウンロードしてFAXもしくはe-mailして下さい。

または新大東京事務所☎025-262-6209 に連絡ください。

これ以前の掲載内容はこちら





最新情報

東京事務所:アクセス








東京イノベーションクラブのご案内

キャンパスイノベーションセンター 6F 611

最寄駅
 JR山手線・京浜東北線 田町駅下車(東口) 徒歩1分
 都営三田線・浅草線 三田駅下車 徒歩5分

Copyright (C)2016 "Tokyo Innovetion Club" in Niigata univercity all rights reserved